Facebook お問い合わせ

ICT事業部ICT DIVISION

http://takagikensetsu.com
  1. TOP
  2. ICT事業部

高木建設は、ICTを建設現場に導入することにより生産システム全体の生産性向上を図り、
魅力ある建設現場を目指すi-Construction(アイ・コンストラクション)を進め、
建設業の新しい時代を築き上げます。

i-Constructionとは?

 建設現場における一人一人の生産性を向上させ、企業の経営環境を改善し、建設現場に携わる人の賃金の水準の向上を図るとともに安全性の確保を目的とし、以下の3つの柱があります。

  • 1ICT技術の
    全面的な活用
    (土工)
  • 2規格の標準化
    (コンクリート)
  • 3施工時期の
    平準化

当社はこのi-Constructionの3本柱の一つ、ICT技術の全面的な活用(土工)に取り組むことにより魅力ある建設現場を目指します。

ICT技術の全面的な活用(土工)とは?〔略称;ICT土工〕

  • ① 3次元起工測量

    ドローンによる空中写真の撮影で3次元測量データを作成

  • ② 3次元設計データを作成

    2次元設計データに3次元設計専用ソフトウェアで面データを付与し、3次元設計データを作成します。

  • ③ ICT建設機械による施工

    3次元測量データを用いて、ICT建設機械による施工を実施

  • ④ 3次元出来形管理等の施工管理

    施工された工事完成物について、空中写真測量、レーザースキャナー、その他3次元計測技術を用いて出来形管理を行う。

  • ⑤ 3次元データを納品

    3次元施工管理データを完成図書として納品します。

  • ⑥ 3次元モデルによる検査

    工事完成図書として納品された3次元施工管理データを用いて検査を行います。

導入システム(KOMATSU KomConnect)

建設現場にあるあらゆる情報をICTで繋ぎ、安全で生産性の高い現場を実現する。 詳細はこちら

導入機械(KOMATSU PC200i・D37i)

ICT見学会動画 2017.2.23 美馬市